亜欧堂より情報発信の頻度変更のお知らせ 9.【PR】亜欧堂

亜欧堂より情報発信の頻度変更のお知らせ

コロナ禍の発生により情報取得の必要性が非常に高くなったと判断して、この半年ほど情報発信の頻度を上げておりましたが、コロナ禍の長期化及び本職との兼ね合いにより、以下の通り変更させていただきますのでご案内申し上げます。 □ ニュースシェア Facebookで毎日シェアさせていただいていたものを、土曜日を…
お客様になってみる体験を支援します! 9.【PR】亜欧堂

お客様になってみる体験を支援します!

※ 2020/11/03 本件募集は応募終了しております。 ホテルマネジメントをサポートする/亜欧堂から、業界への貢献として、みなさんがお客様になってみる体験を支援いたします。   「お客様はどう感じているか」「何が嬉しいのか」というお客様のお気持ちを、「お客様の立場になって考えよう!」とは言います…
【基本用語】 営業支援部門 / 経理 8.ホテルの基本用語

【基本用語】 営業支援部門 / 経理

個別に解説するほどではない、基本的なホテル経理部門です。 ユニフォーム会計システム ホテル業界で世界標準となっている会計基準。 部門別の収支管理に優れているという特徴があります。 また、客室稼働率の定義等、売上以外の数値も定義されているという特徴があり、ユニフォーム会計システムのルールに則って報告す…
2020年時点でAIレベニュー・マネジメントシステムが対応できるファンクションの範囲 2.レベニュー・マネジメント

2020年時点でAIレベニュー・マネジメントシステムが対応できるファンクションの範囲

先日レベニュー・マネジメント(RM)の業務をロールとファンクションという考え方から整理させていただき、増収を図るという目的から考えると実際のレベニュー・マネージャーが関わるべき業務の範囲は相当に広いということがご理解頂けたのではないかと思います。 今回はRMのファンクション(誰がロールとして行うかは…
レベニュー・マネジメント関連業務の全体像を整理する 2.1 レベニュー・マネジメントの基礎

レベニュー・マネジメント関連業務の全体像を整理する

レベニュー・マネジメント(RM)の実務を行うには、実際にどのような業務が必要なのかを理解しておく必要があります。実際の業務を説明する前に、業務の組み立てを理解するための前提を整理しておきましょう。 RM業務を整理するための前提 1.業務をロール(役割)とファンクション(機能)で整理する RMに限らず…
人は馴染みのお店を好むのか、新しいお店を好むのか 5.トピックス

人は馴染みのお店を好むのか、新しいお店を好むのか

人は馴染みのお店を好むのか、新しいお店を好むのか、その動向が知りたくて簡単なアンケートをとってみました。 回答数は56件で統計学的には集まった回答は十分ではありませんが、なんとなく傾向は見えたかな、自分の予想と合っていた部分とそうでない部分がやはりありました。 アンケートの質問は以下の通りです。 今…
レベニュー・マネジメントとは何か③ / マーケティングとの関係 2.1 レベニュー・マネジメントの基礎

レベニュー・マネジメントとは何か③ / マーケティングとの関係

レベニュー・マネジメントの定義は 「需要予測を基に 販売を制限する事で 利益の拡大を目指す 体系的な手法」 ですが、 今度は「自然と物が売れる仕組みを作ること」とも言える「マーケティング」との関連を考えてみましょう。 結論を言えば、「マーケティングで需要を増やし、RMでホテルにとって好ましいお客様を…
レベニュー・マネジメントとは何か② / 価格変動の考え方 2.1 レベニュー・マネジメントの基礎

レベニュー・マネジメントとは何か② / 価格変動の考え方

レベニュー・マネジメントの定義は 「需要予測を基に 販売を制限する事で 利益の拡大を目指す 体系的な手法」 であり、 販売制限の手法として一般的に広く普及しているのが「価格変動」です。 何故価格を変えて販売するのか RMの考え方の背景になっている需要曲線 まず最初に触れておくべきなのは「需要曲線」と…
レベニュー・マネジメントとは何か① / 概念 2.1 レベニュー・マネジメントの基礎

レベニュー・マネジメントとは何か① / 概念

ホテル業界ですっかり定着した感のある「レベニュー・マネジメント」 しかし残念な事に、日本では関連する文献やトレーニングを受ける機会も乏しく、レベニュー・マネジメント(RM)の全体像をしっかりと理解している方は少数です。 RMとは何かを簡単に説明すると 「需要予測を基に 販売を制限する事で 利益の拡大…