コロナ禍の対策を論理的に考えてみる ② フレームワークを活用する

前回の投稿ではコロナ禍の対策として「そもそも何を考えるべきか」をフレームワーク として提供してみました。今回はもうちょっとだけ補足で、フレームワークの活用について考えてみましょう。

最も簡単なフレームワークの活用は「埋めてみること」

フレームワークの活用で最も簡単なことは、そのフレームワークにアイデアや対策を埋めてみることです。埋めてみることで対策の抜け漏れが確認しやすくなります。

SWOTサンプル

例えば前回紹介したSWOTを今記入しようとすると、上図のようになりがちです。しかし、旅行関連業界ではこのコロナ禍による消費動向の変化をチャンスとして捉えようとしている方も多く、いかに機会を見つけることができるかは今後の回復を図る上で重要な視点になりそうです。
このように、「埋めてみること」により抜け漏れを見つけやすいでしょう。

そもそもフレームワークの活用

前回提案した「そもそも何を考えるべきか」のフレームワークは、横軸を継続・停止・廃止に取りましたが、これはあるべき方向性の優先順位と近しいものになります。現場が継続できるのが最も望ましく、自粛要請などで停止が止むを得ず、廃止するとすれば少しでも被害を小さく、という順で考えることになるでしょう。

この横軸を設けたのには以下のような思いがあります。

  • マネジメント:きちんと試算した上で「停止」にしましたか? 世論や社会貢献の観点から停止=営業休止の判断はありだと思いますが、その影響は試算しておかないと、近い将来の事業継続がより厳しくなります。
  • スタッフ:解雇されるなど最悪の場合の想定はありますか?できれば避けたいことですが、いざその立場になったときに想定がないと身動きが取れなくなってしまいます。

縦軸にはマネジメント・ミドルマネジメント・スタッフを取りましたが、これは相互理解が必要だという思いがあります。

マネジメント層は目の前の課題で精一杯になっているでしょうが、スタッフのことも考えてあげなければ離職につながり、将来の回復期に必要なスタッフが足りないということになりかねません。
スタッフ層はマネジメントがどのようなことをしているのかが見えなければ、目の前の不安から現状への不満が募りやすいのではないでしょうか。

こういった点を踏まえると、今回のそもそもフレームワークはそれぞれの立場に応じて記入していただけると良いのではないかと思います。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。