フランス料理 用語辞典 J,K

フランス料理で使う用語辞典です。フランス語/日本語/英語の順で紹介しています。

  • Jacques/ジャック/jack
    • Saint-Jacques で聖ヤコブの意。聖ヤコブはキリスト教 の12使徒の一人。
    • coupe Jacques で「カップ盛りアイスクリーム ジャッ ク風」というデザートを表す。これは、カップに盛った様々なシャーベットに、キルッシュかマラスキーノに漬けた果物を加えたもの。
  • jambon/ハム/ham
    • 豚の腿肉。
  • janvier/1月/january
  • Japon/日本/Japan
  • japonais/日本風
    • 日本固有の調味料や素材を使った場合につけられることが多い。
    • 例:醤油・大根おろし。
  • jardin/庭園/garden
    • 庭園、野菜園、園芸場、果樹園。
  • jasmin/ジャスミン/jasmine
    • 木犀科のオウバイ属の植物。
    • 熱帯から亜熱帯にかけて200種類以上が見られる。 
  • jaune/黄色/yellow
    • 卵黄も指す。 
  • jeunes/若い/young
  • juillet/7月/July   
  • juin/6月/June
  • joindre/結びつける  
  • julienne/千切り
    • Jean Julienという18世紀の名コックが1785年に野菜の千切りを入れたコンソメスープを作ったのが語源。
  • jus/ジュース/juice
    • (汁)ジュース。
    • 果汁のほか、肉汁も指す。
    • ソースの前身になりえる出汁を言うこともある。

 

  • kiwi/キゥイ/kiwi
    • マタタビ科マタタビ属の果物で、中国の中・南部の原産。
    • ニュージーランドで品種改良が進められたため、ニュージーランド産のものが現在は有名。
    • 名前の由来は、表面に茶色の短毛が生えている状態が、ニュージーランドの国鳥の「キゥイ」に似ていることから。
    • 開花は5月下旬で、中秋から晩秋にかけて熟す。 
  • kouign-aman/クイニー・アマン
    • 「バターのお菓子」の意。
    • クロワッサン生地で、アーモンドクリームとリンゴのキャラメリゼを包んで焼成したもの。1997年度頃の流行のお菓子。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。