2.レベニュー・マネジメント

RMのセオリー / 直前の値下げは失敗と考える 2.レベニュー・マネジメント

RMのセオリー / 直前の値下げは失敗と考える

レベニュー・マネジメント(RM)を実践するにあたり、毎日の業務の中で重要度が高いのが「需要予測に合わせて客室をいくらで販売するべきか?という料金設定です。 需要が高いと予測できれば料金も高く販売する、需要が低ければ料金は安い方がいい・・・というのは誰しも分かりやすいことだと思います。しかし実際に予約…
【ホテル用語】 ベスト レート ギャランティー 2.レベニュー・マネジメント

【ホテル用語】 ベスト レート ギャランティー

ベスト レート ギャランティー(Best Rate Guarantee)とは、ホテルへ直接予約(電話予約、インターネット予約)をするゲストに対して、最も安い料金で予約できることを保証することです。日本語では、「最低価格保証」と訳されています。 国内でも多くのホテルで実施されており、旅館でも取り組みが…
宴会レベニュー・マネジメントの指標 ConPAST 2.レベニュー・マネジメント

宴会レベニュー・マネジメントの指標 ConPAST

亜欧堂でも2013年より本格的に宴会RMの実務的開発をタイプの異なる2つのホテルチェーンと共同で行っており、これとは別に宴会RMに必要となるデータ収集のプロセスを組み立てたプロジェクト(内部プロセスの改善及び宴会システムの改修)などと合わせると非常に実用的なノウハウが集積されてきています。 RMは「…
レベニュー・マネジメントとは:実践に必要な3つの要素 2.レベニュー・マネジメント

レベニュー・マネジメントとは:実践に必要な3つの要素

レベニュー・マネジメント(RM)とは「需要予測を基に 販売を制限する事で 収益の拡大を目指す 体系的な手法」と定義できます。 では次に、RMを実践する上で必要になる3つの要素について考えてみましょう。 RMを実践するにあたり必要となる大きな要素は以下の3つです。 理論的な予測 販売の制限 ホテルマー…
RMを始める前に / RMに適した正規料金を考える 2.レベニュー・マネジメント

RMを始める前に / RMに適した正規料金を考える

正規料金とはどうあるべきものでしょうか。 RMにとって正規料金とは「最大可能な料金」と考えることができます。 つまり正規料金とは「それ以上高く売る事が出来ない料金」です。 場合によっては値上げ等の見直しをすることで、より売上を高くする事が出来るのです。   「正規料金=これ以上高く売る事が…
RMを始める前に / Rate Scale を確認する 2.レベニュー・マネジメント

RMを始める前に / Rate Scale を確認する

レベニュー・マネジメント(RM)は、「需要予測を基に 販売を制限する事で 収益の拡大を目指す 体系的な手法」です。そして「販売の制限」の中で最も効果が出やすく、制限の中心となっているものが「価格」です。 サイトコントローラーの出現以降、料金をA,B,Cのランクで整理し、需要予測(正確なRMを知る前で…
RMを始める前に / マーケットセグメントを整理する 2.レベニュー・マネジメント

RMを始める前に / マーケットセグメントを整理する

レベニュー・マネジメント(RM)は、「需要予測を基に 販売を制限する事で 収益の拡大を目指す 体系的な手法」です。そして「需要予測」の精度を高める為には、「データを正確かつ望ましい形で」集計する事が前提となります。 さて、このRMで使用する需要予測の元になるデータは最低限、そのホテルが戦略の単位とし…
RMのセオリー / 残室 ≠ Availability 2.レベニュー・マネジメント

RMのセオリー / 残室 ≠ Availability

「あと何室販売できるか?」という質問をした時に、日本のホテルの多くの方は「残室は●●」と答えますが、レベニュー・マネージャーは「Availability は○○室」と答えます。 一見似ているようで、実は「残室」と「Availability」は大きく異なる考え方です。 例として、次のシチュエーションを…
RMを始める前に / データの正確性を保つ 2.レベニュー・マネジメント

RMを始める前に / データの正確性を保つ

レベニュー・マネジメント(RM)を始めようとすると、幾つか事前に検討・改善しておくべき項目があります。そのひとつが「データの正確性」です。 RMはデータを基に需要を予測し、予測に合わせて販売調整を行います。その為起点となるデータの正確でなければ当然、需要予測も正確で無くなり思ったような効果を得ること…